経営方針

当社は、建築工事の設計・施工が主力事業であり、従来のような公共工事頼りでは存続が難しい今日、縮小一途の公共工事にはある程度見切りをつけ、民間工事主体の受注体制を意識的に築き、営業活動を行っています。やはり、今後生き残っていくには、民間需要を吸い上げる企業としての力が重要で、近年の公共事業の受注は少数となり、戸建住宅やアパート受注と共に、最近は、店舗や工場関係の新築・増改築の受注が増加傾向にあります。また、この受注活動に於いては、不動産事業と一体での営業が不可欠であり、当社もグループ企業内に不動産専門会社を設立し、日々めまぐるしく変化する不動産情報の収集を迅速に行い、お客様に最新の情報を提供できるよう、随時、努力をしております。

民間需要の吸い上げという形で今日まで存続できているのは、基本的に、信条である「誠実さ」を、地域の人たちに変わらず認め続けられているからだと確信しており、地元企業の特性を生かし長期に渡り施主様との親交を深め、テナント展開、店舗開発、アパート経営及び優良住宅の提案を今後も持続させ、地域密着で生き残ってきた強みを活かし今後も事業展開を考えています。事業以外でも地域への貢献を心がけ、「地域なくして企業はありえない。」創業当時から変わらない営業方針を貫き続け、その結果として、中小企業では珍しく仕事の大半は元請けで受注している現状があります。

これは決して安売りをするのではなく、良いモノをつくり、お客様に歓ばれるような仕事をすることに徹底しているからだと実感しております。

家内工業から脱して「企業」になるために、社員の育成にも力を入れ、数年前から理念、行動指針づくり、社員教育に取り組み、社員にも自覚が出てきたように感じています。それを業務の効率化、コストダウンに結びつけていくのが今後の課題です。

代表取締役 常松 栄

代表取締役 常松 栄

10年ひと昔と言われていたサイクルが、IT時代の到来で5年いやそれ以上に短縮された感に堪えない今、この波に流されない強固な企業体の確立、時代を見据え先取りする先見の明をもつ企業力。ITの広がりで幅広いニーズを持った地元のお客様のご要望に応え続けることが、今後の企業活動の大きな鍵となるでしょう。

代表取締役 常松 栄

経営理念

一人ひとりが挑戦努力し、感謝の念を唱えよう

企業倫理

一、人が集まる会社
一、人が喜ぶ会社
一、人が成長する会社
一、人に感謝できる会社
一、社会に貢献できる会社